登入發掘更多OpenSnap樂趣

自然光を活かす

可能な限りフラッシュの使用を避けましょう。窓から差し込む光でライトアップされた料理の方が美味しく見えます。

時間との戦い

撮影時の「ゴールデンタイム」は食事が提供されてから10分間と言われています。ベストショットを狙うには10分以内の撮影がオススメです。

ディテールが多い時は真上から

真上から撮影すると、食器からテーブル、店内の雰囲気まで伝わります。お皿が並ぶコース料理や定食料理の撮影に最適です。

ローアングルで立体感アップ

目線を通常より下げることにより、被写体をより立体的に見せることができます。サンドイッチやケーキの質感がより伝わる写真も撮れますよ。

「ぼかし」を活用

被写体にだけピントを合わせてみましょう。背景をぼかすことにより主役の食べ物は際立ち、食欲をそそる1枚が撮れます。

近距離撮影で特徴を捉える

クロワッサンのフワフワな層。とろける霜降りの黒毛和牛。レンズをグッと近づけて写真の中に収めましょう。(近づきすぎるとピントがぼけしてしまうので要注意!)

シンプルイズベスト

余計なものが映り込まないよう、料理の周りもチェック。シンプルであることは、美しい写真を撮影するにあたりとても重要なコンセプトです。

知っておきたい「交点」の概念

フレームの中に3×3のマスおよび4つの交点を想像してください。被写体を交点に置くことにより、安心感のある構図になると言われています。コーヒーなどの飲み物の撮影にオススメです。